任意整理の引力を知ってかしこく貸出解消!

任意整理にはどんなメリットがあるのでしょうか?
任意整理は債務整理のひとつですが、
債務整理はそれぞれの方法によって拝借の虎の巻が違います。
そうして、メリット・ウイークポイントも、各債務整理によって異なります。

 

 

任意整理のメリットは、
◎司法を通さない
◎金利をカットできる
◎減額やれる

 

 

なかでも、《司法を通さない》というのは、
任意整理の中でももっとも広いなメリットになるのではないでしょうか?
コラボレーションをしてくれるのは、弁護士や裁判所書士。
弁護士や裁判所書士が債権者と和解交渉し、進めていきます。
そのため、債務者への懸念が少ないのが特徴です。

 

 

金利の引き下げは、借金返済には大きな結果になりますね。
なかには、金利カットで拝借がなくなったという方もいます。
それくらい、金利は借金返済の中でも大きなことなんですよ。

 

 

 

他にも、ライセンス特別がなかったり、官報に載らないなどメリットがあります。
頼み通報組織には登録されてしまいますが、
自己破産のように官報には載らないので、第三者に洩れる苦しみがありません。
因みに、頼み通報組織に登録される日にちは約5時期と言われています。

 

任意整理をすると遅延衝撃代は必要になる?

 

遅延衝撃代とは、
用語のとおり拝借の出費が遅延した場合に支払う損害賠償のことを言います。
仮称「遅延賠償」と言われており、
規則上述必ず支払わなければいけない金銭です。

 

 

この遅延衝撃代、原則として締切り後に発生するものです。
そのため、締切り前に発生するタイプ(金利)とは異なります。
ですから、遅延衝撃代と金利は区別して考えましょう。
また、この2つはことなる結果、同時に発生することもありません。

 

 

 

さて、任意整理をすると遅延衝撃代はつくのか?
ということですが、まとめから言いますと、「つきません」
和解をすると、遅延衝撃代金利はつけないという基準があります。
これは、遅延衝撃代を付けることで任意整理を行っている立場(債務者)が
出費不能になってしまっては意味がないからです。
そのため、任意整理それでは遅延衝撃代や金利がつかないと言われています。

 

 

ちなみに、遅延衝撃代の利子は、原理資金に対し時期5パーセンテージの割合になります。
特別な基準や特約がある場合は、「民事法定利子」が適用されます。

 

 

任意整理をされる顧客は、遅延衝撃代についても知っておくと安心です。